ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

ディスカスの育成技術力の違いを目の当たりに・・・

おはようございます。ムツ大郎です。

久々の朝に投稿です(*^_^*)
昨晩、アクアマイスターへ行ってきました。

目的は2つ。

①日本観賞魚フェアのディスカスコンテストの申し込み確認
②すげぇディスカスを見るために

1つ目のコンテストへの申し込みは問題なく完了しておりました(*^_^*)
コンテストへ向けて仕上げにもって行きます。

普段の世話と変わるところは、以下のことになります。
他にあれば知りたいですが、いまのところコレくらいをやろうと考えています。

①コンディショナーを使い色艶をあげる
②スピルリナ入りハンバーグで自然な色に仕上げる
③食べすぎで鳩胸にならないように餌の量を調整
④単独飼育に慣れさせる
⑤PHをなるべく中性付近で慣れさせる

ちなみにコンディショナーはコレ↓

IMG_5426.jpg

水草による吸収やろ過作用によって水槽内から絶えず失われていくカルシウム・鉄分・ヨウ素などの微量元素を補給。
魚の体色を美しく保ち、活力を与え、ケガや病気に対する抵抗力を与える。特にディスカスなどの超軟水を好む魚には1週間に1度、水180Lに対してキャップ1.5杯を定期的に添加すると効果的。




そして2つ目です。

すげぇディスカスを目の当たりにしました(*^_^*)

v0RUJpc-t0YFGQsoXm75HHfwSdF-yNuZbDaeALpxqUAe=s553-no.jpg
ロイヤルモルフォ♂
↓ここにも載ってます。
http://blog.goo.ne.jp/aqua-meister/d/20150303

体高、背びれの伸長、背びれと尻びれに重なる尾びれ
すごいすごい。。。
こんなディスカスはみたことがないです。。。
オンリーワンディスカスだと思いました。

血統や系統という話もありますが、
アクアマイスター芦田氏の育成技術のすごさを思い知らされます。
今の私が同じディスカスを育ててもこうはなりませんw

そして、さらに驚いたのが、
ペアの♀です。

IMG_5424.jpg

♂にまけずおとらないこのサイズ、この体型。

もう一枚違う角度で

oPTYtLCkPicVFD9L5svFKU6KepVZ30Vghjs3yt7ugLKe=s505-no.jpg

脱帽です。。。

アクアマイスターへ行くと、いつも脱帽w

そしてディスカスの育成に対するモチベーションをあげさせてもらって帰っていきますw

餌は1日何回でハンバーグはどれくらい、赤虫はこれくらい・・・
水換えは1日何回、いつ、どれくらい・・・などなど


☆おまけ☆

IMG_5422.jpg

将来楽しみな赤系ディスカスもたくさんいました(*^_^*)





関連記事
  1. 2015/03/22(日) 10:06:00|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自家産ディスカスの稚魚 成長経過 その4 <第1回選別>

こんばんは、ムツ大郎です。

今日は、
ディスカスの繁殖をしていれば避けて通れぬ「選別」を行いました。

↓このあたりは残しました。
IMG_5320.jpg
2015年2月15日孵化

↓このあたりは選別淘汰
IMG_5326.jpg

今回の選別ポイントは、サイズ、バーチカル、泳ぎです。

水温28度
スポンジフィルター
エアレーション強め
蛍光灯PG2
換水毎日1回80%
餌冷凍ミジンコ、刻み冷凍赤虫、(フィッシュボン、おとひめ)

※フィッシュボンってこれです↓


この餌自体が「栄養剤」って感じ?

詳細は上記にて確認してみてください(*^_^*)

一ヶ月をさかいに冷凍ミジンコから刻んだ冷凍赤虫に切り替えていっていましたが、
刻み冷凍赤虫は水の汚れがひどいので、1日1回の水換えの前にやることにして、
もうしばらく冷凍ミジンコを中心に育成することにしました。

おとひめもやりすぎると水を汚すので、
稚魚に味を覚えてもらう程度にほんの少し。

次回予告?w

IMG_5337.jpg

う~む。

まだ彼はやる気がないみたいですw

今、試行錯誤中なので、結果がでたら報告します(*‘-‘*)


☆おまけ☆

krHa2NemUKcCw9-va8ZjvK6U9MPJhil0tkNSVAvATxP0=w758-h505-no.jpg

多摩川に散歩に行ってきました。
すると、あら、桜が咲いているじゃないですか(*゚Д゚*)
全部ではなくて一部の木だけですが。

ピンクとグリーンとブルーのコントラストがたまらなく綺麗に見えました。
冬を過ごしたからこそ感じるこの気持ち。
四季がある日本ってすばらしいですね♪


IMG_5246.jpg
雌親

IMG_4912 (1)

雄親

関連記事
  1. 2015/03/21(土) 00:42:02|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レインボーフィッシュのいい餌見つけました☆

こんばんは、ムツ大郎です。

今夜も連続投稿になります(*^_^*)
ちょっと、いい餌みつけたので♪

我が家のリビングではレインボーフィッシュを飼育しています。
・ハーフオレンジレインボー
・ブルーレインボー
・コームスケール

写真はハープオレンジレインボー

IMG_5298 (1)

なかなかあざやかなオレンジ色をしています。
飼い込むとさらにあざやかになります。(びっくりするくらい・・・)

IMG_5293.jpg

びっくりするくらいあざやかにするために、
なにかいい餌ないかなぁとさがしていたところ、

いい餌みつけました(*^_^*)

これです↓

IMG_5291.jpg
ひかりタナゴ

おいおいおいムツ大郎、これはタナゴの餌じゃないか(*゚Д゚*)

そーゆー声も聞こえてきそうです。

しかし、

ハーフオレンジレインボーをもう一度見てみてください。
似ていると思いませんか?

そうです、タナゴに似ているんです(*^_^*)


使用原料、価格を確認してみると、

「これは・・・」

ビタミン、ミネラルが豊富、色揚げに効果があるカロチノイド、スピルリナ入り。

しかも安い。

安いってこれと比較してです↓



80gで1260円(税抜き)
http://www.kyorin-net.co.jp/tropical/tr03.html


一方、ひかりタナゴは、



70gで496円(税抜き)
200gで1048円(税抜き)
http://www.kyorin-net.co.jp/fresh/fr11.html

栄養成分に見劣りがないのに価格は2分の1以下です。

この餌で問題ないかどうか、
今後の成長経過をお楽しみください。

健全に成長し、立派な姿、あざやかな発色をみせるか試していきます(*‘-‘*)


関連記事
  1. 2015/03/19(木) 01:43:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ