ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稚魚の成長経過50日目 2016年2月9日孵化

こんばんは、ムツ大郎です。

ディスカス以外の生き物も大好きです。
でも、今回はディスカスの成長経過です(^^)

単純に早く育てればいいわけではないと思うのですが、記録をとりながら目安ができればなと考えています。



一目盛1cmです。

なので5cmあります。

1日1mmは達成です。

とは言ってもMaxがこのサイズなので他の子も考慮すると4cm~5cm位です。

このペースだと2ヶ月で6cmは厳しいかもですね(´・ω・`)

引き続き頑張ります(^^)

親は、
アクアマイスター産のラビリンスレッドとロイヤルモルフォNewセレクトです。

餌は、
冷凍赤虫とオヤツに冷凍みじんこです。

赤虫は軽く刻んでいます。
赤虫の汁が水槽に滲み出して水が早く汚れるというデメリットはございますが、刻んだ場合、稚魚が吐き出さずばくばく食べられてかつ消化も早いメリットを優先しています。

汚れは換水で対処。

手間暇かけています(^^)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 23:15:59|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫砂にホワイトペレットという選択肢

こんばんは、ムツ大郎です。

今日は猫のトイレに入れる猫砂について
自分の中で考えるベストソリューションをご紹介したいと思います。

IMG_1059.jpg

じゃん!

国産、高品質ホワイトペレット

岐阜県産杉

100%自然原料から作られています。

本来はペレットストーブで使われます。

これを今回は猫砂として使用します。

そのほか必要なものは

①猫用システムトイレ
②ペットシーツ

以上です。

IMG_1061.jpg

手順ですが、写真の通りホワイトペレットを入れます。

そしてそこに猫がおしっこをすると、

IMG_1062.jpg

ホワイトペレットはおしっこを吸収してシステムトイレの下段に粉々になって落ちます。

おしっこを吸収したホワイトペレットは猫のおしっこの臭いをしっかりキャッチしていますので、臭いません。

そして最後はペットシーツの汚れ具合に応じて燃えるゴミに捨ててください。

おしっこを吸収したホワイトペレットだけが下に落ちるので、

上部にあるホワイトペレットは綺麗なままです。

そのため、ホワイトペレットの全交換は不要で継ぎ足しでOKです。

部屋中杉の良い香りで、おしっこの臭いがまったくしません。

おすすめです!(*^_^*)

IMG_0312_20160330201951ccc.jpg

最後に、固まる猫砂に比べてホワイトペレットが優れている点について

・費用について
ホワイトペレットは10kg650円(私が購入したものは)で安くて大量である。
※20kgで送料入れて1900円程度

・臭いについて
どちらも良い香りはしますが、ホワイトペレットは自然の香りのみ。※いい気がする(笑)

・掃除について
固まる砂は専用のスコップでふるい分ける手間がかかる。しかも取り切れなかった汚れた砂で不潔かつ臭う。完全に綺麗にするには全交換が必要である。
ホワイトペレットはおしっこを吸収したら粉々になり下段に落ちるためふるい分ける必要がない。しかも粉々になっても臭いをがっちりキャッチしているので臭わない。常に清潔に保つことができる。猫砂が減れば継ぎ足しでOK。

・ペットシーツについて
おしっこはホワイトペレットがほとんど吸収してますので安くて薄いペットシーツが利用可能。経済的である。


最後に、ホワイトペレット(木質ペレット)は、
国産や外国産があり、さらに品質もいろいろありますので、
しっかり確認して購入する必要があります。

ちなみに私が今回ご紹介したのはなかなか信頼できそうです。
(ただし、自己責任で(-.-))

毎日のトイレ掃除が楽になれば、その分猫と遊ぶ時間も増えるでしょうし、
ほかのことに時間も使えるでしょうし、いろいろとゆとりが出そうです。
なにより清潔なトイレは気持ちいいですね(* ̄ー ̄)y-・~~

猫のトイレについてでした(*^_^*)

関連記事
  1. 2016/03/30(水) 20:53:07|
  2. 犬・猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リクガメのかぶりつき

こんばんは、ムツ大郎です。

今回は久々のリクガメネタです。

久々なので、元気だぞーという姿を見せられればいいかなと(*^_^*)

ではさっそく、

IMG_1055.jpg

ヒガシヘルマンリクガメのリキ(♂)

特にサイズの成長なし、通年発情していて食欲がおろそか気味です。

IMG_1056.jpg

ヒガシヘルマンリクガメのボンちゃん(♀)

我が家では一番人気です。

大きくて人懐こく陽気♪

IMG_1053.jpg

インドホシガメのビビ(♂)

小さいけど、食欲もりもりです。

飼育し始めてしばらくは拒食というか、ビビりまくってなかなか餌を食べない弱弱しさがありました。

いまでは一番に餌にかぶりつきます。

IMG_1054.jpg

インドホシガメのモミちゃん(♀)

我が家で最大級です。

当初は一番小さかったのです。

彼女の甲羅を上げてダッシュする姿は素晴らしいです(*^_^*)


こんな感じでリクガメは元気にやっています(^^♪

我が家のリクガメ達は乾燥に強いのですが、
究極の床材を見つけたかも・・・

おい!インドホシガメは湿度高めだろとか言われそうですが、
順応してるみたいです。

関連記事
  1. 2016/03/29(火) 19:19:57|
  2. 陸ガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。