ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミジンコ水は濁ってもすぐ透明に(*^_^*)

おはようございます、ムツ大郎です。

ディスカスの稚魚の餌で再三にわたりご紹介しているドライイーストですが、
ドライイースト投入直後と24時間後の写真をUPします。
ミジンコは3舟で増殖させてますが、そのうちのひとつをご紹介します。

まずはドライイースト投入直後
IMG_6655.jpg

濁っていて底が見えません。

写真を撮るの忘れていましたが、
このあと、しばらくするとドライイーストの発酵が始まり、
泡が出てきます。(あふれたりすることはありませんので安心してください)


そして24時間後
IMG_6665.jpg

底が見えます。
ものすごく透明度があります。(そうでもないか・・・w)

このとおりミジンコは水を透明にするチカラをもっています。

金魚でよくある青水があると思いますが、
これもあっというまに透明にしてしまいます。

今回の記事のポイントは
ドライイーストを1日1回やるのであれば、
24時間後に水が透明になる量が大切です。

1日2回やるのであれば、
12時間で透明になる量が適切だと思います。

水量によってドライイーストの量は変わってくると思いますが、
適量を見つければ増殖は簡単だと思います。

ちなみに我が家では60リットルに1g程度です(*^_^*)

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2015/05/01(金) 07:05:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リクガメのトマト祭り♪ | ホーム | 【第2回】「えひめAI-2」の作り方(時間短縮版マイエンザ製法)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutsutaro.blog.fc2.com/tb.php/365-2f9c254b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。