ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

引越し前にべた慣れ完了(*´m`*)

こんばんは、ムツ大郎です。

我が家で一番怖い存在それは猫です。
アビシニアンのルー(♂)という猫です。
その凶暴ぶりといったら、高確率で家族全員に噛み付き全員を病院送りにしているほどです。

IMG_0922.jpg 

そこで、

私のアメとムチ作戦で手なづけました。
時には厳しく、時には優しく
優しくってするのは意外と簡単なんですが、叱るのって意外と難しいんですよね。

よくあるのが、なんにも怖くない声でコラーとか言うやつです。
はっきりいって、猫に舐められます。。。
もしどうしても叱るのなら身の毛もよだつような恐ろしさで叱りましょう。
これくらいやらないと猫というか動物には通じません。

そんなこんなでなんとか噛まなくなってべた慣れしてくれるようになりました。
あと、お座りと待てができるようになりました(*´m`*)

IMG_1829.jpg 

いつも撫でてほしくて寄ってきます♪

IMG_1027_20160503011905f68.jpg 

一緒にディスカス鑑賞ですw

IMG_1297.jpg 

吾輩は猫であるみたいな雰囲気w
ちょっと偉そうw

猫の性格は猫それぞれだし、人のしつけ方も人それぞれだし、
答えはないような気がします。
つまり、目の前の猫と向き合いよく観察することが大切なような気がしました。

最近は褒めてしつけるのが流行りみたいですが、
褒めてしつけている方の話を聞くとまだおしっこをベッドの上でするそうですw
私は詳しくないので何とも言えませんが、それでも褒め続けるのでしょうか・・・

褒めてしつけるのが悪いとは全然思いませんが、
ロボットを育てているのではなくそれぞれに個性をもった動物なんですから、
本に書いてあることの通り実践するまえに目の前の犬や猫の気性や性格をちゃんと観察することが大事だと思いました。
褒めて伸びる子、たまには叱らないといけない子、色々いますよね。人間にも。

というわけで、ルーとは近々お別れです。
私は東京へ行ってしまうので離れ離れです。
家族とうまくやってくれることを祈ります。

ではおやすみなさい (*゚ー゚*)ノシ))







関連記事
スポンサーサイト


  1. 2016/05/03(火) 01:34:47|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<稚魚の成長経過87日目 2016年2月9日孵化 | ホーム | 静と動>>

コメント

Re:

む、長い期間離れると忘れてしまうのですか!?
それは知りませんでした。
久々の帰省の時は細心の注意を払います(笑)
マタタビ持って挑みます!
  1. 2016/05/04(水) 14:06:59 |
  2. URL |
  3. ムツ大郎 #-
  4. [ 編集 ]

猫を実家で飼っていましたが、久々に会うと凄くなついて来ますので、帰省する楽しみが一つ増えましたね。(^^)

P.S.
逆にあまり長い期間帰らないと忘れられ警戒されたりします。人間の子供と同じですね。(;^ω^)
  1. 2016/05/03(火) 23:12:31 |
  2. URL |
  3. こうdiscus #W3LOcRG6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutsutaro.blog.fc2.com/tb.php/485-0292bbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。