ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

リクガメ達レプタイルクリニックへ行く 【寄生虫駆除】

こんばんわ、ムツ大郎です。

11月8日(木)にレプタイルクリニックへいってまいりました。

今回の主な目的は、
①ヒガシヘルマンリクガメのボンちゃん(♀)からでてきた回虫の駆除のために検便、駆虫薬の処方
②そのほかのカメ達の検便、駆虫薬の処方
③インドホシガメのビビちゃん(♂)の臆病さの原因確認


とりあえず、一匹ずつみていきましょう。
駆虫薬の投与の仕方はイチコさんの毒団子のやりかたを真似させて頂きましたo(-ω-)o


4E98EBDD-2328-48A8-91DD-BA68EFF1FA59.jpg

これが、うわさの毒団子です。
人工フードと駆虫薬を混ぜております。
駆虫薬を振り掛けるだけだと、こぼれてしまう可能性があったので、この方法を選択しました。

CC5C6F9F-2F0B-43D9-A5BC-F85A5BFD5151.jpg
ヒガシヘルマンリクガメのボンちゃん(♀)

ぼんちゃんは回虫はいたものの、現在はもういないと思われます。
また、ギョウチュウもほとんどいない状態でした。
毒団子はおいしそうに食べてました。

90E01506-6BB6-4550-9183-538B271751B3.jpg
ヒガシヘルマンリクガメのリキ(♂)

一番ギョウチュウが大量にいたました。
駆虫は2週間に1回を3回行います。
なんどもそっぽむいて食べませんでしたが、むりやり前につれていったらなんとか食べてくれました。

A4D92BAD-9448-4F2A-8339-80170EB7F9C8.jpg
インドホシガメのモミちゃん(♀)

ギョウチュウは少しだけいました。
餌もばっちり食べてくれました。

D93ADDA4-6CD2-4CCD-9D9E-6D4A7C2FD038.jpg
インドホシガメのビビちゃん(♂)

ギョウチュウはほとんどいませんでした。
複数飼育によるストレスだとの診断を頂きました。
ただいま、新ケージ作成中です。
それまで我慢してクレー><

餌はなかなかたべなかったので、
わざと、暗いところにもっていって置いておいたら食べてくれました。

26B2699B-B583-4D35-BB70-1643F47842A7.jpg
アラブギリシャリクガメのハッピー(♂)

こちらもギョウチュウはほとんどいませんでした。
餌ははじめは疑いながらもちゃんと食べてくれました。

以上が結果になりました。


そのほか、さまざまなアドバイスをいただけました。

たとえば、ヘルマンには毎日カルシウムを添加したほうがよい。
理由は、ヘルマンの病気で一番多いのがカルシウム不足にともなう病気が多いからだそうです。
また、成長が早いメスには特にしっかりカルシウムをやる必要があるみたいです。

また、こんかいヒガシヘルマンのボンちゃんからでた回虫とギョウチュウは同じ薬で駆虫できるそうです。


今回、御茶ノ水にあるレプタイルクリニックに行っての感想ですが、
先生がとてもくわしくて、わかりやすく説明してくださりました。
行く前に持っていた不安をすべて解決して頂けました。
今後もお世話になりたいなとおもいましたね。
完全予約制ですが、そのぶんたっぷりと時間を使っていただけました。

費用は13000円ほどでした。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2012/11/10(土) 03:44:13|
  2. 陸ガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<アラブギリシャリクガメから寄生虫(回虫)が!【閲覧注意】 | ホーム | 身体測定【インドホシガメ、ヒガシヘルマンリクガメ、アラブギリシャリクガメ】 Part6>>

コメント

みにどんさん

コメントありがとうございます(´ー`)

え、一生成長し続けるんですか!
なおさら日光浴とカルシウムが必須になりそうですね。

毒団子は食べてくれましたが、
カメちゃん達はみんなはじめは疑ってましたw

専門の先生がいることはとても心強いですね。
カメを飼い始めると、引越し先もカメ中心になりそうです(^ー^;)

どんどん成長してくれると嬉しいですね。
新ケージの作り甲斐がありますヽ(´ー`)ノ
まだまだなんですが・・・
  1. 2012/11/14(水) 12:19:49 |
  2. URL |
  3. ムツ大郎 #-
  4. [ 編集 ]

サンダースヒロトモさん

コメントありがとうございます(´ー`)

ヒロトモさんもレプタイルクリニックでしたか^^
あの先生だとついつい頼ってしまうのもわかります。

アドバイスどおりに個別飼育にしましたら、
少しずつ頭をだしてくれるようになって、餌食いもよくなってきましたヽ(´ー`)ノ

はやく新しいケージを作らなきゃな(^ー^;)

  1. 2012/11/14(水) 12:14:59 |
  2. URL |
  3. ムツ大郎 #-
  4. [ 編集 ]

匿名さん

コメントありがとうございます(´ー`)

近所の病院のことはわかりませんが、
レプタイルクリニックさんは爬虫類専門なので、
とても慣れていらっしゃるので安心して看てもらえました。

私の気持ちがスッキリしたせいか、それに気づいたせいか、
カメちゃん達も餌食いがよくなった気がします♪
  1. 2012/11/14(水) 12:10:37 |
  2. URL |
  3. ムツ大郎 #-
  4. [ 編集 ]

のりさん

コメントありがとうございます(´ー`)

ほんとにいいアドバイスを先生から頂きました。
それ以来、カルシウムをちゃんと上げるようにしています。
ボンちゃんの成長速度を考えるとそれくらいあげたほうがいいのかなという気持ちです。

鳥の骨っていうのは初耳でした。
私はちょっとさぼって市販のカルシウム剤をつかってます(ノェ`。)
  1. 2012/11/14(水) 12:07:51 |
  2. URL |
  3. ムツ大郎 #-
  4. [ 編集 ]

カルシウム不足、小さい時は気をつけていたのですが、ある程度大きくなるとあまり気にしてませんでした。
カメは一生成長し続けるらしいので、カルシウムと日光浴は長生きのためにも必須なんですね。

みんな駆虫薬入り毒団子、おいしそうに食べてくれてよかったですね。
関東はハチュ専門の先生が見えていいですね〜。

みんなお腹の虫をやっつけて、どんどん大きくなりますね。
  1. 2012/11/13(火) 00:01:39 |
  2. URL |
  3. みにどん #-
  4. [ 編集 ]

うちもレプタイルクリニックでお世話になっておりますが、特にカメの治療に関しては日本トップレベルでしょうからつい頼ってしまいます(笑)。

複数飼育のストレスでしたらしばらく個別飼育にして、シェルターを常設したり落ち着かせてあげると良いかもしれませんね。インドホシは特に隠れるのが好きですから。
  1. 2012/11/11(日) 10:31:10 |
  2. URL |
  3. サンダースヒロトモ #-
  4. [ 編集 ]

よかったですね!
ウチも年内に、近所の病院で健康診断に行こうかと思ってたんですが‥
やっぱりレプタイルクリニックにしようかな。

先生も有名ですしね!

不安も解消されて、みんなでスッキリですね(*^_^*)

  1. 2012/11/10(土) 23:03:11 |
  2. URL |
  3. 匿名さん #-
  4. [ 編集 ]

ヘルマンのカルシウム不足で病気になるっていうのは初めて聞きました。(^_^)
鳥の骨を砕いて餌に混ぜてあげてるってベテランの方が言ってましたが、やっぱりそれくらいあげた方がいいのかも知れませんね。カルシウムと日光このバランスはカメにとって大事ですね〜。
  1. 2012/11/10(土) 18:22:15 |
  2. URL |
  3. norisroom #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutsutaro.blog.fc2.com/tb.php/67-a0fdabc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)