ムツ大郎とゆかいな仲間たち

ディスカスの繁殖、育成、コンテストとリクガメ飼育のブログです。

よ~く見てみると

こんばんは、ムツ大郎です。 

ご無沙汰していますが、
ディスカスはコンテストに向けて頑張って育成中です。 
しかしながらまだ生後1年足らず。
サイズアップに必死です(笑)
 
せめて、綺麗なディスカスには仕上げたいですね(^^)

 それでは本題です。 

発情行動はすれどもそれ以降はうんともすんともいわないアルタムエンゼルペア(推定) 
まあ、1年2年単位で長い目でやっていこうと思ってましたがここで急展開!?
 
いつもは全く見えない輸精管、輸卵管。

これは…

 

IMG_0347.jpg 
 推定オス 
 拡大しないと見えないですが(・・;)
細長い感じがします。

 




IMG_0348.jpg 
推定メス
 太短い感じがします。
この先まだまだでてきそうな予感。 

これまで何度確認しても全くでていなかったので、かなりの前進と言えそうです。 

とは言え、産みそうで産まないアルタムエンゼル。 

 この先も慎重に見守りたいと思います(^^)




関連記事
  1. 2017/02/23(木) 01:42:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

御礼、そして旅立ち(^^♪

こんにちは、ムツ大郎です。

こちら神奈川県、
今日は雲一つない最高の天気です(^^♪
旅立ちには最高の日!

IMG_0267.jpg 

今日はヤフオクに出品しましたペアディスカスを引き取りに来ていただきました。

発送はせずに引き取り限定にしたのも、
実際に、落札されたディスカスがどのような環境で飼育されているのかや、
健康状態について何も問題ないことを確認して納得して持って帰ってほしかったからです。
そのほかのディスカスと比べてもらって、
決して劣っているものを出品しているわけではないことも伝わればなと思っていました(^^♪

育成や繁殖について色々お話しできたのも楽しかったです。
とても良い方で、正解かどうかもわからない私のうんちくも聞いてくださいました(笑)

趣味で始めたディスカスですが、
アクアマイスターのディスカスを見てどっぷりハマり
多くの時間を使って育成・繁殖に取り組んできました。

そしてそのディスカスを評価して頂けて本当にうれしく思いました。
ありがとうございます(*‘-‘*)

飼育技術についてはまだまだ道半ばなので
さらにかっこいいディスカスの育成に取り組んでいきたいと思います!

それではみなさん良い休日を。







関連記事
  1. 2017/02/04(土) 14:05:11|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

待てども待てども・・・産まず・・・

こんばんは、ムツ大郎です。

いやぁ、それらしい雰囲気を感じて1年たったでしょうか。

待てども、待てども産まず。産みそうで産まず。

このまま永遠に産まないかもしれないのに、いつまで待ち続けるのでしょうか。


「アルタムエンゼル」


今日は動画を撮ってみたのでアップしてみたいと思います。

1年前よりはペアの仲は親密になっているように見えます。






ここからはすべて推定での話になりますので鵜呑みにしないようにしてくださいね(^^♪


最初に産卵筒を突いているのが推定オスです。

背びれの先端から妖怪アンテナが立っているのが特徴です。

もう一匹が推定メス


体つきの特徴としては、

オスはおでこの盛り上がりがメスよりもあるようです。

またオスのほうが体の厚みがあります。


体色については、

発情第一段階は目とおでこのあたりなどところどころに赤い斑点や赤みを帯びるようです。

第二段階に突入するとおでこと腹ビレがブルーに発色するようです。背びれや尻びれから尾びれにかけてのひらひらの部分をいっぱい広げています。

この先、フリーザのように第三変身があるのかわかりませんが、

産卵間近まで来ているような期待をしてみたりしています(笑)


昨年は年齢が若いこともあったので、

産んだら奇跡くらいに思っていましたが、

今年か来年くらいには期待してみたいですね(^^♪


ディスカスだったら何回産卵しているんだろうと思うくらい、

この一年ずーっと発情?発情ごっこし続けてきました。

織田信長タイプの人には我慢できないかもしれませんね(笑)


私は秀吉タイプではなく、家康タイプだと思います。

産ませるほどの技術はないです。待つだけです(´ー`)


ではおやすみなさい。



関連記事
  1. 2017/02/01(水) 00:45:23|
  2. ディスカス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ